3点 『レギオンが教えるFXで初心者・主婦が失敗せず勝つまでのブログ』

画像はイメージです

レギオンが教えるFXで初心者・主婦が失敗せず勝つまでのブログ


FXスクールの講師を名乗る人物が運営するサイト。

タイトルにこの手の謳い文句を入れるのは、アクセス数を稼ぐための手段として避けられないのだろう。胡散臭さがにじみ出るのにも我慢して、このような滑稽なタイトルをつけているのだと、そう信じてページを開くのだが、結局は、そのタイトル通りの救いようのない、価値のない文章で埋め尽くされている。そんな光景を繰り返しみてきた。では、このサイトはどうであったか?残念ながらこのサイトも同じであった。

『FXの朝トレードで放置して稼ぐ30分で終わる手法』このページに書かれていることを実行すれば5割近く(当たり前だが)勝てるだろう。運が良ければ資産は増えるし、悪ければ右肩下がり。要はランダムエントリーとほとんど変わらない手法である。もちろん、ランダムエントリーでも勉強にはなる。だが、このページに書かれている手法を実践しても、得るものは何もないだろう。トレーダーとして成長する可能性はゼロ。
「チャートは見ない。見ても何も変わらない。放置しろ」という主旨の主張だが、とんでもない。勘違いも甚だしい。たしかにチャートは自分の都合では動かない。これは事実である。チャートを見ることによって現実に変化が起こるなどという奇跡は訪れない。しかし、チャートを眺めることによってトレーダー自身の感情は変わる。このサイトの運営者は、その感情を無駄なもの、省くべきものとして捉えているから「放置しろ」と言っているのだろうが、そのような誘導は許しがたい愚行である。トレーダーとして成長するためには、感情と向き合い、付き合い続けなければいけない。飼いならすことなどできないが、共生することはできる。FXスクール講師を名乗る人間がトレーダーとして成長するための、貴重な資源となる「感情」が得られる機会を、自ら放棄しろと教えるのだから、資質不足としか云いようがない。

感情を記録していくことが成長に繋がる。注文から決済までチャートの揺きでどのような感情を自分が抱き、またその結果どれだけ愚かな選択を実際にとってしまったかを記録する。その貴重な体験を睡眠で看過するというのは、宝くじを買って祈っている状態と大差ないだろう。寝ることによって、様々な感情の襲来を防ぐことはできるだろうが、それで小銭を手にしたからと言って何になるのだろうか。どこへもたどり着けないではないか。

兼業ならば、朝に30分で楽して稼ごうとするのではなく、仕事を終えて、夜に集中して実践経験を重ねるべきだろう。
朝は、本業のための準備時間にしたほうが良い。仕事中にポジション状況が気になる、という状況を招くような行為は未成熟な人間と評価されてしかるべきだろう。
仕事のあとに一般人が休息をとる時間。その時間を自分は勉強にあてる。これが本当の努力である。
兼業で、トレーダーとしての経験を積みたいのならば、夜の数時間にできるだけ多くの短期売買を繰り返すことだ。スキャルピングはNGだ。5分足で1通過2~3トレードできれば良い。それを複数の通過で同時に行えば、それなりのトレード数になるだろう。休日はバックテストにあてること。

このようなサイトが検索結果の上位に表示されてしまう現状は、ユーザーである我々がどうにか出来る問題ではないが、このようなサイトに対し、一つの視点として、警鐘を鳴らし続けることは、実りのある行動と呼べるはずだ。

 

サイト評価:3点

この先は行き止まり